FC2ブログ




ゲイ仲間が欲しい。


カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

マイク

Author:マイク
外人好きのゲイ。
写真は僕では有りません。



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レズビアンのカップルが双子を授かる!
同性愛に理解を示していることで有名なカリフォルニア・サンフランシスコ裁判所では同性のカップルに対しても、養育権の争いに異性カップルと差別の無い判決を下す結果がでました。
マリアとエミリーはレズビアンのカップルでした。二人は同じ男性から精子提供を受け、マリアは97年に男の子を出産し、その一年後、エミリーは男の子と女の子の双子を出産しました。
しかし99年にカップルは別れてしまい、そのときマリアは双子を支持することに同意しましたが、18ヵ月後に支払いを止めてしまいました。エミリーは生活保護を受けており、地方裁判所はマリアに対して月1,815ドルの支払いを命じた。これは彼女達は同意の上で子供を出産したことから、父親としての規格が保たれると判断した為である。
しかし2004年にサクラメント控訴裁判所は同性カップルには適用しないと判断を覆しました。
この裁判はカリフォルニア最高裁まで持ち込まれ、この22日月曜日に判決が出ました。今回の同性カップルに適応することになりました。アメリカの法廷でこの種の判決に達したのは、これが初めてだと報じられました。
サンフランシスコでは、法律で可決されていませんが、同性で子供を育てている夫婦(?)はたくさんいます(もちろんサンフランシスコだけではないのですが)。同性、異性に係わらず、人間の愛情は平等だということに、この裁判の判断は、明るい光となったのではないでしょうか。http://refer.ccbill.com/cgi-bin/clicks.cgi?CA=919096-0004&PA=1026461
スポンサーサイト
[PR]


テーマ:こんな美女が、あんなことを・・・ - ジャンル:アダルト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。